スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手+簡易メッセージ送信
--:-- | スポンサー広告 | page top↑
これもひとつの世代格差
 OB参加する高校文芸部の合宿の要項と、当日に合評会を行う部誌を受け取るために久々に高校に行って参りました。
 もう今の高校生は過半数が平成生まれなんですね。生年月日をSじゃなくてHで書くんですね。
 そして平成生まれということは取りも直さず90年代生まれ(除平成元年)ということでもあるのです……ひいいぃぃぃ。
 ショックを通り越して気持ち悪いと思ってしまう昭和晩年生まれの管理人の世代は、ちょうど色々と学校教育などで変革が起こった境目の年代でもあります。いわゆる今の「ゆとり教育」カリキュラムが適用されたのはひとつ下の学年から。地域によってずれがあるとは思いますが、管理人は「ゆとり教育」のシンボルとも言える「総合的な学習の時間」を体験しておりません。
 小・中学校が完全週休2日制になったのも私たちの学年がちょうど高校に進学した年でした。それまでは2週目と4週目の土曜が休みだったんだよね。A週B週(土曜のある週とない週で時間割が違うので便宜上分けて呼んでいた)とか懐かしい響き。
 もう記憶もおぼろげですが、第4土曜はいつから休みになったんでしたっけねぇ。小学校の頃は行っていたし……第2土曜は始めから休みだったっけ?
 完全週休二日制になったために授業数が足りず、夏休みを短縮する小中学校が増えているそうですね。勝手にゆとりにされて勝手に夏休み減らされたんじゃ今の子も困っちゃうよなぁ。毎週二日休みがいいか夏休みが短くならない方がいいかは微妙なところですが……北国にはもともと夏休みが短いところも多いですしね。
 個人的には大学こそもう少し長期休暇を短くしても良いと思うんですけども……まあ休みが長いのは嬉しいんだけど、頭溶けちゃうよホント。
スポンサーサイト
拍手+簡易メッセージ送信
21:44 | 雑記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。