スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手+簡易メッセージ送信
--:-- | スポンサー広告 | page top↑
整理しても分かりづらいというこの事態
 作品数が増えてごちゃごちゃになっていた「選り分け表」を整理してみました。
 新旧・長短で単純に並べていたのを執筆年別・原稿用紙枚数別に分割したり、ジャンル別にリンクの背景色を変えたり。なんだか半分ぐらいは自分のための掃除のような気もします。あぁまた外部cssを新規に作ってしまった……。
 しかし改めて見ると初期の作品の無残な葬られっぷりよ。

 整理や改稿だけでなく作品の執筆もせねば!ということで、サークルの「プロットを立ててから小説を書いてみよう!」という創作企画で素材にすることにした、『花霞春東京実無花奇談』のシリーズ続編を進めようと決めました。
 プロットのシーン数を見るとそこそこの長さになりそうな雰囲気です。6、70は行くかな。
 しっかりしたプロットを立てるといかに小説が「仕組み」と「作者の狙い」で構成されているかがわかりますね。ちょっと恥ずかしい。
 私は普段はきちっとしたプロットは立てず、ちょっとしたタイムテーブルだけ用意して、あとは書いている途中に思いついた場面や台詞をエディタの末尾にメモしていくような書き方をしているので、執筆中のファイルはとってもカオスな状態になっています。本文はまだ「起」の部分なのにいきなりクライマックスの過演出な台詞が書いてあったりする。こ、これだけは命に代えても見せられねえぜ……

 しかしこの作品、前回のをヘンテコな題名にしてしまったため、またヘンテコな題名を考えなければなりません。ちなみに前回のは「はながすみはるのみやこやまぶききだん」と読みます……どうしたものやら。
 予告だけもアレなのでちょっと冒頭部を載せてみました。興味がありましたら追記へどうぞー。
 相変わらず妙な調子の文体です。
続きを読む

スポンサーサイト
拍手+簡易メッセージ送信
23:55 | サイト・創作 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。