スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手+簡易メッセージ送信
--:-- | スポンサー広告 | page top↑
原詩は違うのよ
 皆様こんにちは人身事故で下校途上の電車が止まってしまい、ただ今座席に1時間座りっぱ中の管理人ですよよよよよ。
 帰ったらきっと首と腰がサ◯ンパスのお世話です。こ、これが噂のエコノミー症候群か……!(違)

 ……と、上の文章を携帯から更新したのが18時。
 結局いつもなら15分で着くところを1時間40分かけて自宅最寄駅に到着しました。かけてと言うかほぼ止まってたんだけど。
 止まった電車にずっと座っているのは動いている電車に座っているよりしんどいことを発見。とほほ。

 ツリーやらリースやらポインセチアやらが至るところに並んですっかりクリスマスムードですね。外を歩いていると「ジングルベル」始めクリスマスソングも色々と聞こえてきます。
 つられて何気なく口ずさんでいて長年の疑問を思い出しました。
 「赤鼻のトナカイ」の歌の最後の一節に、笑い者になっていた赤鼻のトナカイがサンタクロースに頼りにされて喜ぶのを表して、「いつも泣いてたトナカイさんは 今宵こそはと喜びました」とありますが、……「今宵こそは」って、何??
 「今夜からは胸を張って仕事をするぞ!」または「今夜は馬鹿にされないぞ!」などの意味に捉えるのが普通なんでしょうけれども、なんだかそれだと歌詞から受ける「満を持して感」が薄い気がしまして。
 だから今年もあの曲を聞くたびに、
 「今夜ははっちゃけるぜひゃっほう!」
 とガッツポーズしているトナカイの絵が浮かんでしまうのであった。完。
スポンサーサイト
拍手+簡易メッセージ送信
21:58 | 雑記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。