スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手+簡易メッセージ送信
--:-- | スポンサー広告 | page top↑
台風も似ている
 東北地方の地震、かなり大きかったようですね。梅雨時期でもありますし、余震や土砂崩れなどで被害が拡大しないことを祈ります。
 福島の親戚の皆は大丈夫だったかなー。4から5ぐらいだったようだけれど。

 夕食時に家族と地震のない国には「余震」やら「揺り戻し(揺り返し)」やらという言葉もないんだろうね、という話をしていました。それは他の文化にも様々に言えることなのですが(例えばイヌイットの言語には「雪」を表現する言葉が400種類も存在する)、地震というのは起こらない国では本当に未知で怖いものなのだそうです。
 高校時代に地理の先生から聞いた話ですが、外国(国名を失念;)からある短期間だけ体験的にクラスに参加していた留学生さんが、授業中に起きた震度3の地震でパニックに陥ってしまって大変だった、ということがあったとか。
 震度5・6ともなると日本人でもさほど多くは経験しないからきっとパニックになるのだろうなぁと思うのですが、震度3程度はまぁ年に数回はあって、慣れっこといえば慣れっこ。それでも地震を知らない人間にとっては、「大地が揺れる」という現象それ自体がとんでもないことに感じられるだそうな。冷静に考えてみれば、そりゃそうだよなぁ、という感じですね。

 「地震を知らない人が日本の地震を体験した話」でとても印象的だったのは、「ほぼ日刊イトイ新聞」で連載されているイタリア人スポーツ・ジャーナリスト、フランコ・ロッシさんによるサッカーを始めとしたイタリア情報ページ、「フランコさんのイタリア通信」「仙台に到着しました。そして‥‥!!!」という記事。2003年に起きた(奇しくも今回の地域と同じ)「宮城県北部地震」の体験記です。
 記事の中でライターのフランコさんは自然を愛する日本人の特性の理由を地震に見出しています。さすがに「そ、それはちょっと飛躍ではないでしょうか」と思う部分もありますが、地震を知らない人は日本の地震をこう感じるんだ、ということが良くわかるとても興味深いお話です。あと、「外国の方からすると日本人って自然・四季を物凄く重視しているように見えるらしい」というのも良くわかる。
スポンサーサイト
拍手+簡易メッセージ送信
23:55 | 雑記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
バイトの話をする度に笑われるヨ
 夕食後に今年初モノの東京市内産ブルーベリーを頂きました。ぺろっと食べてしまって写真に納めるのを忘れていた……
 ブルーベリーは非常に多くの品種があって、6月から熟し始めるものから8月終わりが旬のものまで色々です。
 管理人の好きな「ノビリス」という品種はかなり後の方が旬で、完熟した実は他の品種と食感がひと味違ってそりゃ美味しいのですが、こんなこと言っても9割9分誰もわかってくれないんだゼ!
 まだまだ生食はメジャーではないブルーベリー。しかしそれだけに話のネタには最高です。就活の面接中に何度宣伝をしたかわからない。私はブルーベリーのPRじゃなくて自分のPRがしたいんだよよよよー……

 と、いうわけで今年の夏もお馴染みのブルーベリー園さんにお手伝いに行くことが既に決定しております。通産7年目の職場も今年で終わるかと思うと感慨深いものがあるなぁ……
 開園は例年と同じ7月の半ばからだと思います。決まったらまたひそりと宣伝させてもらおう。
拍手+簡易メッセージ送信
21:26 | 雑記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。