スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手+簡易メッセージ送信
--:-- | スポンサー広告 | page top↑
この時期発売だと虫が取れないよ
 11月20日発売のWii用ゲーム『街へいこうよ どうぶつの森』を楽天で予約しました。前回コンビニ受け取りで懲りたので普通に自宅配送で……1日遅れぐらいで届くかな。
 キューブ版『e+』もDS版『おいでよ』も持っているのでそこまで購買意欲は高くなかったのですが、父が欲しそうにしていたので。釣りがね、好きなんだよね。
 考えてみるとこのシリーズは64から1機種に1本のペースで出ているんだな。(マイナーアップ版を出したりはしているけれど)。DS版ですっかり慣れていたから気にならなくなっていたけれど、据え置きは画質が良くていいですね。
 Miiがプレイヤーの外見になるのかなぁと思っていましたが、ビューティーサロンでそれに変更もできる、というシステムのようで。どうぶつの森のもともとのプレイヤーキャラが好きなので強制じゃなくて良かった。

 『ライドウ対アバドン王』もぼちぼち進めて六話の修験闘座にいます。レベルは56、プレイ時間は33時間ぐらいだったかな。前作のクリアレベルが60前後、クリアタイムが24時間前後だったので少し寄り道しているとは言えだいぶボリュームアップしている感じですね。
 ルートは思うままにやっていたらNaturalになったので、そこからはなるべくがくっと偏らないように意識し始めてLawとChaosをいったりきたりしてます。
 ちょっとネタバレなので背景色にしますが、大コウリュウに乗って空を飛んでいる(大ウケ)時の曲、絶対どこかで聞いたことある、と思ってサントラで確認したらソウルハッカーズの思い切りメインテーマでしたね。他にも色々なところでハッカーズの曲が使われていてちょっと嬉しいです。別件依頼のボス戦とかもそうだよね。あれ、それともあれは初代デビルサマナーかな。
 背景は完全に大正浪漫なのに音楽はギターサウンドばりばりなところがいかにもデビサマっぽくていいなーと思います。あとひとつ言っておきたいことがあるとしたら凪かわいいよ凪。ヘンテコ口調がまたいい。しかしこの師弟(というか主に師匠)が喋っているとシリアスな場面でもヘンテコ口調のプロセスに吹き出しそうになってしまうセオリーです。

 ところでヘンテコ口調といえば、ナタクやナンディのやたら論理的で面白い口調は今作が初登場のものなんでしょうかね。ハッカーズにはなかったし、ノクターンにもなかったからアバタールチューナーにあったとは考えづらいし……それからメガテン・DDS系の作品出てないよなー。それともペルソナ4あたりが初出なのかな。あれ、ペルソナって喋ったっけ。
 悪魔の口調ではマッド(壁職人ダタラ最高)・ガインくん(モコイさんモコイさん)・花魁(オシチぷりちー)・獣(オレサマ オマエ マルカジリ)あたりが好きです。あとは忘れちゃならないヒーホー口調。
スポンサーサイト
拍手+簡易メッセージ送信
23:55 | ゲーム | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。