スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手+簡易メッセージ送信
--:-- | スポンサー広告 | page top↑
赤マルに白バツ
 寒くなってきたのでもっぱら居間のコタツ+ノートPCで作業をしています。
 ふたつに分けて作業するとあとでしっちゃかめっちゃかになるってわかってはいるんだけどね……寒い場所にいると気付くと部屋とトイレの往復になってたりするからね……

 でちょこちょこファイルを移植しているのはいいのですが、アップデートでXPのバージョンをSP3にしたらば、起動時に「プロシージャエントリポイントがうんちゃかふんちゃか」というエラーメッセージが出るようになってしまいました。
 調べて回ってみると、要するに今まで無線LANのデバイスドライバで使っていたdllファイルと同名のdllファイルをWinXP-SP3がシステムに上書きしたので、無線LANアダプタのほうが「このファイル見つからないヨー」と訴えている……ということのようです。
 詳しくはこちら→「Windows XP Service Pack 3 のインストール後、コンピュータを再起動するたびにエラー メッセージが表示される」
 天下のMS様がひくはずもなく、LANアダプタのメーカーの方でデバイスドライバの更新をしてちょーとのことなので、サイトのほうに行ってきましたところ、……うーん、無い!
 その不具合についての報告はあるし、更新・配布されているドライバもあるのに、うちで使っているLANアダプタに関する更新は一切無い! でもインストールディスクを確認したら確かにその問題のdllファイル使ってるんだよこのアダプタ。問題が報告されたのは随分前のことなのに、どうしたこっちゃコレガさん。
 幸いと言うべきか、エラーメッセージが出るだけで接続は問題なくできるので、まあ差し当たって不都合はないのですが、気になるのは確か。いっそアダプタごと買い換えるべきなのか……でもなんか悔しいぞ。
スポンサーサイト
拍手+簡易メッセージ送信
22:56 | WEB・アプリ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。