スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手+簡易メッセージ送信
--:-- | スポンサー広告 | page top↑
こんなときだけ筆が進む
 どうやったらパソコンの前面イヤホンジャックを有効に出来るのか模索中の今日この頃です。
 取り外しの度に「本体をずりずり前に出して後頭部を机にぶつけつつ抜き差し」は面倒なので……。中身をどうにかしないとダメなのかな。
 なんでそんな面倒な事をしてまで取り外すかと言えば、単に夜中に居間のテレビを使う時に音が気になるから、という大したことのない動機からなのでヘッドホンをもう一個買えばいいっちゃそうなのですけれども。

 本日『ファイアーエムブレム 蒼炎の軌跡』クリアしました。これで26日に大学に持って行ける。
 データを引き継いで『暁の女神』もぼちぼち始めたいと思います。
 追記で『蒼炎』感想。
 以下追記--------------------------------------------

 『蒼炎』クリアということで感想です。
 とはいえ「序~20(…長い空白…)21~終」と物凄く偏ったスパンでプレイしたため全くホットなことは言えませんし、大事な部分が色々と抜け落ちるかと思いますがまあ個人的な呟き程度に。
 難易度はハード、総プレイ時間はちょっと失念しましたが50時間弱だったかと思います。管理人は長考タイプのSRPGプレイヤーなので(&拠点でうだうだ時間をかけるプレイヤーなので)、普通はきっともっと短いはず。

 ゲームバランス。かなり良かったと思います。苦しませるところはきちんと苦しませてくれて、歯応えがありました。ライトなGBA版からは難易度は上がりましたね。ただユニットが強くなってくる終盤は結構ゴリ押しで進めることも出来たので、より簡単なノーマルだと少し物足りない感じなのかも?(プレイヤーの熟練度に合わせて難易度を選べばいいだけですけども)終盤の死因は主に遠隔魔法でした。
 漆黒の騎士とアシュナードを強くした相関作用でアイクが強過ぎる、との意見もかなり聞かれましたが、そこまで強く感じなかったのは多分管理人が一人のキャラクターを突出して使うことの出来ない性分だからでしょう。
 確かにラグネル手に入れたら一人で敵を全滅させられるぐらいに強い。まあでもこのへん仕方がないんじゃないでしょーか。FEのシステム的に「ほとんどイベントバトルの弱いラスボス」or「特定の強キャラでしか倒せない強いラスボス」かの2択にしか出来ないと思うので……。
 評判通り剣の不遇は相当なものでしたね。管理人の最終スタメンで剣持ちのユニットは二人だけでした。一人はミストだし。
 終盤は敵の守備が上がってくる&ラグズが多くなってくるので魔法が強かったです。魔防が高いのも合わせて魔法武器持ちの敵は全てお任せでした。ちゅーか足の速い魔道士いいですね。やみつきになる。(トパック使ってました)

 ストーリー。これ、結構各所でスカ食らってるのですが、別に及第点じゃないかなぁと思います。続編情報出る前であのラストは確かにちょっと……かもしれませんけども。
 流れ的には物凄く王道。ほぼ一本道ストーリー(振り返ってみると実は1つのことしかやっていない)なので「複雑に絡み合う大河ドラマ的ストーリー」が好みだと厳しいかもですが、小さな集団が大きな集団の戦いに巻き込まれて、ばらばらだった登場人物たちの目的が徐々に収束していく、というのをわかりやすく演出してくれた気がします。前作『聖魔』のあららら、なストーリー運びの最大の弱点と思われる狂言回しも『蒼炎』ではきっちり機能していたし。
 と……書いておきながら実は全く意味がないと白状してしまいますが、管理人、FEというシリーズに対してストーリーの出来への理想が恐ろしく低いです。SRPGに大事なのは話自体よりプレイを続けるための動機だろう、という思想の持ち主。『蒼炎』のアイクは強引&猪突猛進かつ無欲に前に突き進むことでプレイヤーにその「動機」を与えた点で、主人公としての役割をきちんと果たしてくれたと思います。
 ただこの構造、アイクのようなキャラクターが嫌いな人にはツラかったでしょうね; 私は単純で好きでしたけれど。

 キャラクター。主人公アイクについては上の通り。その他もまぁ毎回毎回色んなのを考えて大変だなぁ……と思う個性揃いで、これでお気に入りが一人もできない、というプレイヤーもなかなかいないと思います。
 今回続編がある=後日談がないことでちょっとキャラが薄れてしまった感もありましたが、エピローグで全員が一言ずつ喋ってくれるのが嬉しかったです。(デイン勢だけ「絶対死なないキャラ」がいないらしくアイクが沈黙だったのが笑ったけど)
 今までのシリーズでの「こいつ一体軍でどの辺の位置にいるんだろう……」な疑問が解消された拠点での会話システムは良かったですよね。支援関係も。支援会話はかなり前に攻略サイトさんで全部チェックしていましたが、そこで一気に注目キャラになったのがネフェニー。長髪美人+スキル「怒り」+田舎弁。もう萌えるしかない。
 ……ゴメンナサイ、スキルに「待ち伏せ」を追加してユニットとしても強くなってくれました。戦闘で一番頼りにしていたのがオスカー。最初から最後まで安定した強さでお世話になりました(+アイクとの支援での回避ボーナスがバカ強)。絵的に好きだったのはフォルカとハール。あとタカ王の格好良さは外せない。なんかこうおじん趣味がバレバレだな。
 セネリオはストーリー中の言動はシニカルで好きなのですが、支援でのアレはちょっと……その設定必要だったんか。そこだけ特定層を狙い過ぎというか、なんちゅーか浮いてませんかね。

 グラフィック。これも色々言われているようですが、管理人まったく全然気になりませんでした。もともと「目立つところには全く気が向かず細かいところにネチネチとケチをつけるゲーマー」として周囲に名を馳せておりますゆえ……(以前別のゲームについて感想を書いた際、友人に「『面白い』って言ってたのに日記で物凄く文句をつけてて驚いた」と言われた過去あり)
 ただウォーリアの回避モーションが微妙にズレてるのが最後まで気になりました。なんだその0.2秒の遅れは。
 ムービーは……まああってもなくてもいいのですけど、皆様おっしゃる通りアイクの声は確実に合ってませんよね。なんだその優男声は。

 音楽。これは色々言われているのに同意です。音楽としての出来が良くないわけではないのですが、ゲーム音楽としてはちょっと。オーケストラが合わないのかな。

 総合。やっぱり面白かったし目立ったペケのない良作だと思います。
 『暁の女神』を見ていると、いくらフォローはあるとは言え、『蒼炎』をやっていないと良く分からないことが多いんじゃ……という印象を受けました。
 というわけで『蒼炎』未プレイで『暁』を買おうかどうか迷っている方は、『蒼炎』を中古か何かで手に入れて先にプレイすることをお奨めします。SRPG好きならやって損はない一品です。なんで最後に宣伝になってんだ。

 調子に乗って長くなり過ぎました……; 
 『暁』インプレッション、書こうかと思ったのですがまた明日以降に。


拍手+簡易メッセージ送信
23:58 | ゲーム | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
<<今送っとけ、なタイミングがないのよ | ホーム | 凡ミスで死ぬと戦闘アニメをオフにする>>
コメント
つ、追記のほうがながい(笑)
プレイできるの楽しみにしています~。
【2007/02/26 00:17】 URL | SONAR III|#-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://akabanebou.blog70.fc2.com/tb.php/197-a27efcbf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。