スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手+簡易メッセージ送信
--:-- | スポンサー広告 | page top↑
二十歳の決意。
 ただ今新作の推敲中。
 前の雑記でも書いたように昨日は一日かけて冒頭部・後半部の書き直しをしました。で、今日はサイト再録用に全文をエディタに打ち直しながら全体の細かい表現などを修正するだけ、の予定だったのですが、やっぱりまだ書き足りないなぁ、と気になる部分があったりして、ちょっと時間がかかっています。
 さすがに50枚近くあると打ち直すのも一苦労で、昼過ぎからやってるのにまだ終わらない……。
 とりあえず全部打ち込み終わってから3度目の加筆修正に入りたいと思います。

 執筆・推敲作業中にいつも迷うのが、どれを漢字にしてどれをひらがなのままにするかの漢字変換問題。
 良く迷うのは「ほか⇔他」「ほど⇔程」「ほう⇔方」「とき⇔時」「かすれる/かすめる⇔掠れ(め)る」「ひねる/ねじる⇔捻る」あたり。
 まぁそれでもこの辺は概ね前3つが漢字、後ろ二つがひらがな、「時」は場合に応じて、な感じで落ち着きます。

 管理人の一番の悩み語はなんといっても……「見つめる⇔見詰める」。

 おそらく大多数の人には「は?」な言葉でしょう。論点にもならないところでしょう。十人に書かせれば十人「見つめる」でしょう。

 でも私は、「見詰める」にしたいっ!!

 何故かと言うに、ほぼ管理人だけの思い込みだと思うのですが、「見つめる」だとなんか……
 こっぱずかしいんです。
 なんかもう心の底からそれだけを見ている感じが、いかにも好意を持ってじっと見ている感じが、視線の熱さで目玉焼きが作れそうな感じが、してしまうんです……。
 それでももちろん一般には変換ナシが普通なんだからと、書いている途中に何度か「見詰める→見つめる」に置換したりもするのですが、もう無理。コレは絶対に思い直せない。一生無理。何言われても無理。

 と、いうわけで、もうこうして公にぶっちゃけてしまったので、これからは良心の呵責なしに「見詰める」を使っていこうと思います。
 試しに「見つめ」「見詰め」でGoogle検索してみたら11,400,000件に対し419,000件だったのでごくごく単純計算して100人に3.7人のマイノリティーの中にいるわけですが、管理人はこれからも胸を張って生きていきます。
 しかしスゲェ数字だな……いや、泣いてなんかいないよ。


 えーと、なんだか話が大幅にそれましたが、新作は今夜中(日付は変わるかも)にUP出来ると思いますのでしばしお待ちを。
拍手+簡易メッセージ送信
22:34 | サイト・創作 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<「更新」の2文字は無条件に輝きます | ホーム | さて何枚増えるかな>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://akabanebou.blog70.fc2.com/tb.php/274-86476fe3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。