スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手+簡易メッセージ送信
--:-- | スポンサー広告 | page top↑
高校生作家のための大学講座――年間予定篇
 記事の概要はこちら

 「大学生物書きによる高校生物書きのための小説用・大学講座 年間予定篇」です。
 大学の一年間にはどんな行事があって、どんなことをしているのか? を中心に紹介していきたいと思います。
(※この記述はあくまでも筆者個人の経験に基づいたものです。面倒なので特記時以外は「うちの大学は」ではなく「大学は」と一般化して書き、さもどこも同じであるような記述をしている部分もありますが、決して全ての大学の環境に当てはまるものではありませんのでご了承下さい。場所や経営方針によって様々に差があると思いますので、そのあたりは創作の腕の見せどころ! ということで各々の筆でフォローをお願いします)
(※ちなみに筆者は「東京都内(but山の方)・四年制・私立」、「設置学部は法・商・経済・総合政策・文・理工(別キャンパス)」の大学の所属です。私立・公立の違いはかなり大きいと思われます)

------------------------------------------------

入学式:
 大学の入学式は小・中・高と比べるとやや早く、1日~5日あたりに行われます。人数が多い場合は学部別に午前・午後に分けるなどして、キャンパス内の体育館やらホールやらでぼんやり偉い人の話を聞く、という感じで、まぁやることはさほど高校までと変わりはありません。ちなみにみんなスーツです。
 注意したいのは、「入学式は友人を作るタイミングにならない」ということです。なぜなら学部もクラスもごちゃまぜに、入った順で椅子に座っていくため、隣り合った人と再び出会う確率が著しく低いからです。
 しかしこれを逆に利用して、「入学式で隣に座った人となんと偶然クラスが一緒! 運命を感じる!」というような演出は出来るかも……?(クラスについては「授業篇」で書く予定)

 式が終わった後は指示に従って教室に移動し、あれこれ説明を受けます。概ね学科・クラスごとに教室に集められるので、ここで初めて同じクラスの人の顔を見ることになります。アクティブなキャラクターならここで友人を作れるかもしれませんが、実際は親を外に待たせている人が多いので割とみんなぱーっと帰ってしまいます。

ガイダンス(説明会):
 少し入学式と前後しますが、大学では3月の終わりから何度か授業に関してやら何やらの説明会があり、4月1週目あたりまでちょこちょこ大学に行くことになります。ちなみに管理人はこの時期に最初の友達が出来ました(話しかけた人がたまたま同じクラスだったからでこれも偶然の範疇ですが、学科別に集められることも多いので不可能ではないです)。

授業開始:
 授業開始は4月半ば、10日~15日ぐらい。日も時間も人によって違います。詳しくは「授業篇」で。
 「初めて大学で友人が出来た」日のことを書くなら、ガイダンス期間~最初の授業の間、日にすると4月頭から半ばぐらいになるのではないでしょうか。高校までと違い、「4月の15日まで大学で誰とも親しく話していない」という状態でも、多少勇気がないかな、程度で、決してヘンではないです。

テスト期間:
 授業開始からいきなりテストまで飛びました。大学は学校側からの縛りがほとんどないので、「行事が少ない」んです。
 テスト期間は大体7月の半ばから8月頭まで。と言っても中学・高校のように「この日は全校上げてこの時間からこの時間までテスト!」ということはなくて、先生も学生もなんとな~く「この辺がテストだなー」と思っている期間、と考えるのが妥当。一応「授業期間→補習期間→試験期間」という区分は存在するのですが、授業によっては授業期間の最後の授業日にテスト実施、ということもままあります。
 大学は暦の上では「8月4日から夏季休業」とか書いてありますが、実質、「この日から夏休み!」という日はありません。前期のテストが全部終わったら自動的に夏休みなのです。
 だから人によって(学年・学部・学科・取っている授業によって)、夏休みが7月の半ばからだったり、8月に入っても来なかったり、はたまた7月20日にはほぼ全部終わってるんだけど、8月1日に一科目分だけ残ってる、なんてことも。
 (ちなみに管理人の所属する文学部は「授業最終週に試験が実施される=長期休暇が早く来る学部」として学内で有名。この時期に遊びの計画を立てると「でも文学部に合わせると早いじゃん」という会話がされるのです)

夏休み:
 上の理由から始まりはまちまちですが、終わり=後期の授業再開日はきっちり決まっています。
 管理人の大学は上記のように7月終わり~9月の20日あたりまでですが、ひょっとすると大学によって一番差があるかもしれないのがここで、7月頭から9月頭までだったり、酷いと10月半ばまで夏休みが続く大学もあります。
 そのあたりは物語の都合で変えてしまって良い部分かと。
 ただ、「大学って10月まで休みなんでしょ?」と言われることがたまにあるのですが、さすがに「10月まで」の大学は稀です。現役大学生が聞いても「長ぇよ!」と思います。
 ちなみに長期休暇中も基本的に大学は出入り自由。

文化祭(大学祭・学園祭):
 1年で一番大きな行事です。と言いますか、一般的な大学の行事というとこれしかないと思います。他に何もないです。
 時期は概ね11月頭の3日間から5日間。
 場所によって差はあると思うのですが、基本的に大学はこの祭の実施にほぼ関与しません。管理運営も企画実行も学生が主体です。ただこの日に祭をやるというので、全学休講としているだけなのです。
 そして高校の文化祭と違い、クラスで何かをする、ということはまずありません。企画の立案も実行も、ほとんどがこの時期だけ発足する有志団体か、サークル単位で行われます。

冬休み:
 また一気に飛びまして、冬休み。やはり人によってまちまちな部分はありますが、夏ほどのばらつきはなく、20日~25日ぐらいには概ねみんな休みに入ります。授業によっては冬休み前に試験をやってしまうことも。
 終わりは6日ぐらいで、小・中・高と同じか少し早い程度です。

テスト期間:
 で、またテスト。これは7月のテストの感じがそのまま1月に移動したと考えればオッケー。

春休み:
 大学は二期制なので、冬のテストが終わったらすぐ春休みです。2月頭から4月の授業開始日まで何もなし!
 大学で一番長い休みは夏ではなく春なのです。

卒業式:
 まだ筆者が未経験なため詳しく書けず……すみません。時期は3月20日前後。

------------------------------------------------

 こんなところでしょうか。
 まぁぶっちゃけた話、大学の年間予定なんてものはそれほど小説を書くに当たって重大なところではないと思いますが、タイムテーブルを組む時の参考にでもなれば。

 次は「授業篇」を書く予定。


拍手+簡易メッセージ送信
23:11 | サイト・創作 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<さむいねむい | ホーム | 高校生作家のための大学講座――前置き>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://akabanebou.blog70.fc2.com/tb.php/431-da0756ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。