スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手+簡易メッセージ送信
--:-- | スポンサー広告 | page top↑
最大の問題は『塔』がまだ残っていること
 ただいま教習所にて1点足りずに効果測定を落ちたところです。泣いてなんかないさー。
 MT車の問題でふたつ間違えたから技能でマニュアル受けてたらきっと通ってたんだけどなぁー……帰って卒の論の中間報告メール送らにゃならんのに……1点……
 2時間後にまたあるので受かってから帰ります。二の轍は踏まねぇぜ。

 行き帰りでこつこつ進めていた『クージョ』を昨日読み終えました。読後感的には『ペット・セマタリー』に近かったかな。
 訳者後書きには「キングらしい作品」と書いてあるのですが(そう書かれていない作品の方が稀だと思いますが)、読み終えてすぐの感想としては、他作品に比べて珍しい構成ではないかなぁという印象を受ける話だったように思います。
 確かに話のテーマや人物の描き方はいつものキング節なんだけれど、キングにしては割と最初の方から話が動いているし、「化け物」も実体としてすぐに現れている。「化け物」と直接に関わりのない話(アド・ワークスの話、チャリティ・ブレット母子の話)が同時並行で描かれているのもちょっと珍しいような。
 なんというか、「キング以外の人間がこのテーマとストーリーで書こうと思ったら、かつその人間が手慣れたうまい人間だったらこうなるんじゃないかなぁ」的な構成というのか……要するに話の造形面ではなく構成面でキング臭が薄い感じだったのです。うーんうまいこと説明できない。
 「手堅さ」が感じられたというのが一番しっくりくるかなー。キングの魅力は人によっては全く受け入れられないような偏執的でくせのある筆致と、破綻すれすれの構成+それを傑作に昇華させてしまう異様な筆力にあると思っているので、まぁ早い話がちょっと物足りなかったのでした。面白いんだけどね。
 でも考えてみれば500ページいかない短い本だから、物足りないのは当たり前なのかも……。『トム・ゴードンに恋した少女』のように登場人物が極端に少ない話ならともかく。

 ともあれ家のキング在庫が尽きました。はよ仕入れねば。Wikipediaで確認した限りでは未読はあと8作! がーん。まだそんなにあるのか。
拍手+簡易メッセージ送信
15:31 | 本・漫画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<しみじみテストがないって素晴らしい | ホーム | 隣家から瀕死の目覚ましの音が聞こえる>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://akabanebou.blog70.fc2.com/tb.php/502-21a3f619
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。