スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手+簡易メッセージ送信
--:-- | スポンサー広告 | page top↑
しぶとくIE6
 文化祭が終わりました。これで大学4年間の主だったイベントはほぼ終了したことになり、サークル活動の方もほとんど引退状態だったとは言えさすがに感慨深いものがありますねぇ。
 あとは卒論だよーイェー。

 最近の雑記サボりで書く機会を逸していたのですが、少し前からPCの不具合に悩まされております。
 ポータルにyahooを設定しているのでGoogleツールバーを入れているのですが、新しいウィンドウでブラウザを開くとエラーが出るのです。アドレス部が真っ白になって何も読み込まれない、ひどい時はそのまま落ちちゃう、という状態。作業中に数回なら我慢できるのですが、新窓を開く際の3回に1回は必ずといっていいほど起きる非常に面倒なことになっています。
 明確にGoogleツールバーが原因、とまではわからないのですけども。でもそうとしか思えないんだよなー。インストールし直してから頻発するようになった気がするし。
 既知のバグなのかと思いきやちょっと見て回った限りは同様のエラーが出るという話はなく、ただ単に私のPCとの相性が悪いだけなのか、それとも「もうお前いい加減タブブラウザ使え」という天からの啓示なのか……うーん、もうちょっと調べてみよう。
拍手+簡易メッセージ送信
22:34 | WEB・アプリ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
厄介なスタンダード
 最近PC起動のたびに更新できますよーと教えてくれるので、各所の解析サンプルを回って調べてみたのですが、IE7のシェアが随分伸びてきているんですね。6と比べると4:6から5:5、場所によって7がわずかに逆転しているところもある、といった感じでしょうか。
 日和見管理人としてはどこに行っても完全に6:4以上、ぐらいのシェアになったら確認のために乗り換えようかなーと思っています。
 ついでにFirefoxのシェアも見てみたらこちらは完全に2<3だったのでさっさと換えました。このへんの違いが各ユーザー層の差を表している気がしますね。単に「IEはバグが……」と様子見をしていた人が多いだけかもしれませんが。
 しかし気のせいか以前よりも全体に対するFxのシェアが伸びているような。IE7に換えたら使いづらくて、これを機に移行、という層があったのでしょうか。この調子だとIE10ぐらいにはFxのシェアが3割を超えてたりするかも。
 IE7、一度も触ったことはないので印象でしかないのですが、確かに使いづらそうなんですよね。外観が先行してるというのか……。ブラウザにスタイリッシュなデザインなど要らんのです。我々が求めているのはあざやかな機能美ですよ。

 それはともかく7はHTMLの解釈については少しはまともになっているんでしょうか。同じ言語なのにいつまでも表示が違うのはそろそろ勘弁して欲しいところです。
 表示の差について地味ながら良くひっかかるのが、見出し(Hタグ)と水平線(HRタグ)です。その前後に取るスペースの幅に両ブラウザの気持ちの違いがあり過ぎます。くっつくのかくっつかないのかはっきりしてくれ。そもそも水平線という要素自体が曖昧な気がします。線にbackground-colorってどういうこっちゃ。なんでただの線でいてくれないんだ。そしてFirefoxの「dashed」の水平線の表示はなんというかこう……太いわ!
 IEの解釈のほうがへっぽこなのだとわかってはいるのですが、この水平線に加えて「width(幅)+padding(内余白)+margin(外余白)」の仕様はいまだに正しい解釈のほうに納得できずにいます。
 だって余白でしょ? 幅の中の余ってる部分だから余白でしょ? なんで足しちゃうの? 幅を600pxと決めたら600の中で余白取ってくれ。幅600で左右の余白10だと600+10×2で実質の幅は620だよ! ……って間違ってないけどめっちゃ面倒だよ! ついでに枠の太さが2pxだったらそれも足して624ね! ……っておかしいよ! えーとmarginが15でpaddingが8でborderが1だから実質400にするにはwidthは……そんなに私にメモを取らせたいのか!
 この仕様だと1px単位で実質の幅を決めたい時に、「ちょっと詰まってるかなー」「ちょっと空きすぎかなー」とpaddingなどの余白を変えるたびwidthの数値まで変えなければならなくなるので異様に手間なのです。なんでこっちが標準モードなんだ……歯がゆい。
拍手+簡易メッセージ送信
23:49 | WEB・アプリ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
歳取ったなぁとも思うこの頃なのです。
 結局メーラー変えました。これで卒の論の提出メールが届かないとかいうしょうもない不具合とはおさらばだぜ!

 卒論と言えば、今のテーマに行き着くまで汗と涙の苦悩があったのですが、その何番目かに「リアル」「リア◯」という言葉をWebとの関連で調べてみるというテーマがありました。
 結局事象としては興味深いけど論文としての実現性がぺらペらだということが発覚してあえなくおじゃんとなりましたが、先日別所で「オフ」という言葉を使う機会があり、またちょっと思うところがあったのでネタにします。
 で、「オフ」ですが、皆様ご存知オフラインの略です。なんてことはないネット用語ですが、先日これを書きながら、
 なんかこう、古くない……?
 死語というわけでもないけど微妙に古くさい。これはあれだ、今の時世にあえて「ネットサーフィン」という言葉を使うときのもっさり感と同じ感覚だ!……とか思ったのでした。

 オフという言葉が特に古く感じられないコミュニティもあると思います。例えばオフ会やイベントが頻繁にあったり、同人誌やその他の制作物を現実に販売したりするようなコミュニティ。Web上での活動が現実に発露する性格を持ったコミュニティと言うのが相応しいのかな?
 でもそうして確かに使われているはずの言葉がなぜ古く聞こえるかと言えば、今大多数の人にとって、Webは意識の上で現実とは切り離されたものなんですよね。私は「(特に若年ユーザー層において)日常とWebの境界が曖昧になっている」という意見の持ち主なのですが、それとはまた違って、「Webと現実が互いに干渉しあわない、特にWeb→現実への流れがない」という事象が、あくまで「ユーザーの意識の上で」広がってきているように思います。
 同じ「現実⇔Web」を表す言葉でも、「オフライン⇔オンライン(繋がっていない/繋がっている)」と「リアル⇔ヴァーチャル(現実/仮想)」だとだいぶ印象に差がありますよね。変化しているというより、インターネットというものが一般に浸透するにつれて、後者のような捉え方が逆に大きくなっているんじゃないかなぁ。
 まぁこれはかなり穿った見方で、言葉なんて流行ものだよ、というのが理由の大部分かと思うのですが、それでも面白いなぁとムダなことを考えたりしています。

 でもねー。だから問題だと言う気はないのだけど、Web=仮想じゃないんだよね。確かに空間としては仮想の世界なのだけど、そこで成されていることは現実なんだよね。そして現実がWebに流れ入るのと同じように、Webも現実に流れ出すんだよね。
 昨年から続けて若年層に特有のWebコミュニティを眺めるに、それって忘れちゃいけないことだよなぁとしみじみ思うこの頃なのです。
拍手+簡易メッセージ送信
23:55 | WEB・アプリ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
引き続きフリー万歳
 たまの晴れ間な一日でした。こんな日に限って授業があって布団が干せないってこらー。

 そういえばFirefox3がリリースされたんですよね。なんか軽くなったって聞くけどどうなんだろう。
 どちらにせよFxについては門外漢なので感想も何もですが、乗り換えが進むようなら動作確認のためにダウンロードせねばと思っています。IEとかと違ってFxとかのユーザーの人はこれと決めてバージョンアップしそうだから、アドオンとかの環境がととのったらすぐ切り替わるかな。

 乗り換えと言えば、最近常駐ソフトを増やしたからか複数のアプリケーションを同時に動かすと動作が少しもっさりするような気がしたので、音楽プレイヤーをWindows Media PlayerからフリーウェアのFittleに変えました。プレイリストの登録し直しが結構面倒だった……
 軽くていいですが、全体が通常のウインドウのメニュー部と同色なのでたまに画面上で見失います。

Fittle配布元:(http://hp.vector.co.jp/authors/VA039869/
拍手+簡易メッセージ送信
23:55 | WEB・アプリ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
でもメモ帳は罪悪だとちょっと思(略)
 小説本文ページの「折り畳み式後書き」がFirefoxからだと機能しない(折り畳まれないんじゃなくてリンクをクリックしても表示されない)ことにやっと気が付きました。ぐわわわわ。
 おかしいなぁちゃんと動作チェックした気がするし、JavaScriptサンプル配布元さんにも特に非対応の注記はなかったのに……と思いつつFxで配布元さんを訪ねると、こっちはちゃんと機能している……。
 な、なんで? 記述も間違ってないぞ? とあれこれ原因を追求したところ、どうやら「htmlソース内のDOCUTIPE宣言で『標準モード』にしているとFxでは表示不可」になっているらしい、ということが判明しました。
 互換モードにすればきちんと表示されるのですが、それじゃ折角ひーこら言いつつ全ファイルを標準モードにした苦労が水の泡に……!(そのへんのドタバタはこちらをご参照にどうぞ) ということで結局他のサンプル配布元さんから違う形のスクリプトをお借りして修正しましたが、随分長く気付かなかったものだなぁ。ちゃんと閲覧確認せねば;
 しかし確認云々以前にまず私は早くFxをメインと同等に使える状態にまでカスタマイズをするべきだと思います。

 管理人はエディタやPC環境周りの自分の作業に直結したツールにはとことん(ただし無償の範囲で)自分に合う物を追求する癖に、その他のそこまでこだわりの無いツールはいわゆるスタンダードを使いっぱなしだったりします。
 ブラウザはInternet Explorer6、メーラーはOutlook Express、音楽はWindows Media Player、ネット利用時のホームはYahooです。ついでに携帯は3年10ヶ月モノですがそんなこと今は関係ないじゃない!(突如逆ギレ)
 少し深みに行くと「スタンダードは罪悪」とされがちなネット世界ではとんだ重罪人ですね。
 メーラーとかは一度慣れちゃうとログや何やの問題もあって移行が面倒なんだよなー。そういえば2代目のノートPCはソニー製だったためブームが去る前のポストペットがプレインストールされていました。使いたかったけど周りにポスペユーザーがいなかったからアドレス二つ用意して独りで行き来させてました。寂し過ぎる。

 ブラウザの場合はスタンダードも「閲覧側の多数派に合わせる」ということで、ヒヨりではありますがサイト管理人としては間違った姿勢ではないかなーとは思います。
 その辺のアクセス解析サンプルや自宅の解析を見て回ったところによると、大体IEが全体の7~8割、Fxが1割を占め、残りを他のブラウザが分け合う、という感じです。単純な利用数ではなくて利用時間とかも加味するとFxがもうちょっと伸びるのかもしれないけれど。
 IEをバージョン別に見ると6が全体の5割、7が2~3割というところかな。伸びてきてはいるけどまだ逆転の様子はないですね。7が5割を超えたあたりで乗り換えようかなーと思っています。ヒヨヒヨ。
 しかしもし億分の一ぐらいの確率で「今レトロがアツい!」とかいう間違ったブームが起きてNN4が主流になるようなことがあったら私はそれを使うのだろうか……
拍手+簡易メッセージ送信
21:02 | WEB・アプリ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
前ページ | ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。